羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2015年2月17日(火曜日) 11時14分
  • コンテンツID 2-23-2195-2897
  • 印刷用ページ

唐戸山神事相撲の概要

情報発信元商工観光課 商工観光課 2階

「水なし、塩なし、まったなし」




相撲好きであったといわれる羽咋神社の祭神・磐衝別命(いわつくわけのみこと)の遺徳をしのんで、毎年、命日の9月25日に行われている相撲です。

唐戸山神事相撲

磐衝別命の遺徳をしのび

 歴史上、初めて野見宿禰(のみのすくね)と當麻蹴速(たいまのけはや)に相撲をとらせたといわれる第11代垂仁(すいにん)天皇。その皇子である磐衝別命(いわつくわけのみこと(以下、「ミコト」と表記))は、この地で大いに仁政をしき、力の優れた人を招き相撲をとらせて武勇を養い、体を鍛えさせて、民から尊敬されました。その遺徳をしのんで、ミコトの命日925日(旧暦825日)に各地から力自慢の若者が唐戸山とよばれる相撲場に集まり、相撲をとって神霊をお慰めしたのがこの神事相撲の始まりといわれています。

 

唐戸山神事相撲と羽咋の法事

 羽咋神社の例大祭(神社で一番大事な祭)は925日で、午前中に執り行われます。そして、午後から、唐戸山神事相撲の相撲祭、任命祭、奉額祭などが行われます。

 一方、羽咋神社の旧別当寺の本念寺では、923日〜26日にかけてミコトの法要や法話、御講などが催されます。この法要には、近郷から多くの善男善女が夜を徹して参詣し、羽咋神社や本念寺の境内を中心に露天商が立ち並んで賑わったことから、今もこの4日間は「羽咋の法事」と呼ばれ、特に25日には多くの人々で賑わいます。

 

すり鉢状の唐戸山

 唐戸山は、すり鉢状の地形の中央に土俵を設けた、天然桟敷(さじき)の相撲場です。一説には、唐戸山の土を掘ってミコトの御陵を作ったからすり鉢状となったともいわれています。

 

上山・下山の呼び名で

 この神事相撲は、「東」「西」ではなく、邑知潟を中心に、越中と加賀方面を「上山(かみやま)」、能登方面を「下山(しもやま)」と呼びます。

 

土俵の四方にかがり火

 唐戸山では、夜も深まり、中入り(休憩)の後、土俵の四隅にかがり火が焚かれ、神事相撲が始まります。唐戸山神事相撲の伝統に従って「水なし、塩なし、まったなし」の二番勝負で競います。前弓、中弓と進み、奥弓といわれる結びの一番が行われ、大関が決まります。決戦を終えた上山・下山の両大関は、それぞれの仲間の力士が組む肩車の「マー (ウマ)」に乗って羽咋神社の拝殿に駆け込みます。

 

羽咋神社で幣帛(へいはく)授与祭

 大関には、宮司から「御大詔(ごたいしょう:賞證・相撲由来書・目録の3点)」と白絹の大幣帛、本念寺の高張提灯が授けられます。

 

資料保存と伝統継承へ

 平成7年に開設した「唐戸山資料展示室」は、神事相撲資料をはじめ、ここ羽咋に根付いた県青年団相撲大会(大正11年に第1)や県高校相撲選手権大会(昭和26年から当地で開催)などの資料を展示しています。市歴史民俗資料館にも展示コーナーがあり、地域の相撲文化の保存と継承に努めています。

 この神事相撲は、平成2723日に石川県指定無形民俗文化財に指定されました。

 

唐戸山神事相撲の進行予定

毎年9月25日
 15:00  〜  神社奉額祭(羽咋神社)
 15:30  〜  神社相撲祭(羽咋神社)
           神社立行司任命祭(羽咋神社)
 17:30ころ〜  稽古どり(唐戸山相撲場)
           協賛相撲(唐戸山相撲場)
            小決勝
            中決勝
            十人弓
            トーナメント決勝
            大決勝
 20:00ころ〜  中入り(唐戸山相撲場)
            神事太鼓
            土俵入り
            相撲甚句
 20:30ころ〜  神事相撲(唐戸山相撲場)
            前弓
            中弓
            奥弓 
 22:30ころ〜  神社幣帛授与祭(羽咋神社)

 

「相撲」が縁で藤岡市と姉妹都市に

 昭和61年3月3日、「相撲」が縁で群馬県藤岡市と姉妹都市の提携を行っています。

 藤岡市の土師神社境内には、「土師の辻」と呼ばれる土俵があり、市指定文化財となっています。相撲の三辻の一つと称され、江戸時代にはこの土俵で出世力士が披露相撲をしたと伝えられています。

ご案内

開催期間2015/09/25
時間17:30〜22:30
お問合せ先 商工観光課
電話番号0767-22-1118
FAX番号0767-22-7195
メールアドレスsyoukan@city.hakui.lg.jp

くらしの分類

観光 観光 [イベントみどころ]、文化財・歴史 [文化財歴史イベント]

  • 最終更新日時 2015年2月17日(火曜日) 11時14分
  • コンテンツID 2-23-2195-2897
  • 印刷用ページ
情報発信元
商工観光課 商工観光課 2階
電話番号 0767-22-1118
ファックス 0767-22-7195
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)