羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2011年2月9日(水曜日) 11時42分
  • コンテンツID 2-23-2194-3145
  • 印刷用ページ

木村秋則先生 ご紹介

情報発信元農林水産課  庁舎2階

自然栽培実践塾長の木村秋則先生をご紹介します

木村秋則先生のプロフィールをご紹介します。

木村秋則(きむら・あきのり)
 1949年、青森県中津軽郡岩木町生まれ。木村興農社社長。弘前実業高校卒。川崎市のメーカーに集団就職するが、「農業を手伝ってほしい」という父の説得により、1年半で退職する。
 71年から家業のリンゴ栽培を中心に農業に従事。農薬で家族が健康を害したことをきっかけに無農薬・無肥料栽培を模索する。10年近く無収穫、無収入になるなど苦難の道を歩みながら、ついに無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功する。弘前大学の農学生命科学部の杉山修一教授は「おそらく世界で初めてではないか」と評しておられ、世間からは「奇跡のリンゴ」と呼ばれている。
現在リンゴ栽培のかたわら、全国、海外で農業指導を続けている。大韓民国では無農薬栽培を指導した貢献をたたえられ、2009年11月京畿道名誉市民、聞慶市名誉市民として表彰される。

羽咋市には、2010年2月20日「コスモアイル羽咋」において北陸初となる講演を行う。「農業について」と、木村氏のUFO体験を交えた「UFOについて」の2部構成であった。ちなみに木村氏が「UFOの中で出会った」という外国人についてテレビ特番を製作したのが、元テレビ局の構成作家である羽咋市農林水産課の「高野誠鮮」であることが発覚。羽咋市とは深い縁を感じる話である。


くらしの分類

市政情報 まちづくり [自然栽培塾]

  • 最終更新日時 2011年2月9日(水曜日) 11時42分
  • コンテンツID 2-23-2194-3145
  • 印刷用ページ
情報発信元
農林水産課  庁舎2階
電話番号 0767-22-1116
ファックス 0767-22-9225
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)