羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2013年2月21日(木曜日) 13時15分
  • コンテンツID 2-23-16-4611
  • 印刷用ページ

新羽咋中学校NOW【平成25年2月20日】

情報発信元学校教育課 学校教育課 教育総務係 庁舎4階

フーチングと地下ピットの配筋工事が始まりました!

 地盤の液状化対策工事が終わり、以下の流れで工事が進んでいます。

   (1)根切り(ねぎり)・・・建物の基礎を作るために地面を掘る工事
     
   (2)砕石・・・基礎が配置される部分の地面に砂利を敷き詰めて固める工事
             
   (3)配筋工事・・・フーチング(基礎部分)と地下ピットの骨組みとなる配筋を組む工事→現在はこの段階です
        
 この後、型枠にコンクリートを流し込み、乾くまで養生期間をおくとフーチングと地下ピットが出来上がるそうです。

 ♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.

 同時に、新羽咋中学校の目玉設備の一つである地中熱ヒートポンプの工事も進んでいます。

 【地中熱ヒートポンプとは】
 地中熱とは地下の低温熱エネルギーです。
 地下の温度は大気の温度変化の影響を受けにくく、一年を通してほぼ一定です。そのため、地中熱は再生可能エネルギーの中でも、太陽光や風力と異なり天候等に左右されない安定したエネルギー源となります。
 この地中熱を、冬場は地中から熱をすくい上げ(暖房)、夏場は地上の熱を地中に放出する(冷房)という形で利用するのが地中熱ヒートポンプです。


2月5日 熱交換をするための井戸を掘っている様子



 
 新校舎の工事は着々と進んでいますが、現校舎も50年分の歴史がつまった大切な建物です。
 生徒の皆さんには、現校舎を最後まで大切に使っていただきたいと思います。
 そして3年生の皆さん、公立高校の入試まであと数日ですね。皆さんの努力の成果が十分に発揮できますようお祈り申し上げます!

 
♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪*.*.♪


【今までの情報はこちらから】↓
★羽咋中学校建設事業★

ご案内

お問合せ先 電話番号0767-22-7131
FAX番号0767-22-7132

くらしの分類

ライフイベント ライフイベント [入園・入学]

くらし 楽しむ・交流 [学校]

  • 最終更新日時 2013年2月21日(木曜日) 13時15分
  • コンテンツID 2-23-16-4611
  • 印刷用ページ
情報発信元
学校教育課 学校教育課 教育総務係 庁舎4階
電話番号 0767-22-7131
ファックス 0767-22-7132
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)