羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2016年10月18日(火曜日) 15時43分
  • コンテンツID 2-23-1-7005
  • 印刷用ページ

羽咋市・氷見市が合同で交通安全キャンペーンを実施(平成28年度)

情報発信元秘書室  庁舎3F

〜415縁(よんいちごえん)ロードから無事故の輪を広げよう〜

 9月23日、神子原スポーツセンターで“羽咋市・氷見市合同交通安全県境キャンペーン”の式典が開かれました。

 このキャンペーンは秋の全国交通安全運動の一環として、羽咋市と氷見市を結ぶ国道415号を通じ、“415縁ロードから無事故の輪を広げよう”をスローガンに、両市民と往来するドライバーの交通安全意識の高揚を図る目的で毎年実施され、今年で33回目になりました。

 雨天のため、同国道を利用するドライバーへ安全運転を呼び掛けるキャンペーン運動は中止になり、式典のみの開催となりましたが、両市の交通安全啓発に携わる団体関係者120人以上が出席し、参加者は交通安全への意識を高めました。

 式典で、山辺市長が「交通事故を無くすため、交通マナー、ルールを守ることが大切です。関係者の方々には両市民の安全・安心のために、これからも交通安全意識の啓発にご支援・ご協力をお願いしたい」とあいさつ。続いて、氷見市の本川市長は「交通安全運動の機運を高め、両市の交通事故を撲滅するため、力添えを願いたい」と協力を仰ぎました。
 また、羽咋署の才門副所長と氷見署の野上署長が、安全運転を呼び掛けました。

 続いて、交通安全を願い、両市の関係団体の代表者同士が互いにがっちりと握手。邑知小4年の能山雄登くんと明和小3年(氷見市)の杉本成くんが声高らかに交通安全宣言を行い、無事故で安全なまちを目指すことを誓いました。


くらしの分類

くらし ライフライン [道路・交通]

市政情報 広報広聴 [はくいピックアップ]

  • 最終更新日時 2016年10月18日(火曜日) 15時43分
  • コンテンツID 2-23-1-7005
  • 印刷用ページ
情報発信元
秘書室  庁舎3F
電話番号 0767-22-0771
ファックス 0767-22-8109
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)