羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2017年10月24日(火曜日) 17時11分
  • コンテンツID 2-23-1-7790
  • 印刷用ページ

“農福連携”第2弾、収穫をサポート(平成29年度)

情報発信元秘書室  庁舎3F

〜実りの秋、トウガラシも色鮮やかに〜

 9月15日、自然栽培の普及を図る“はくい式自然栽培合同会社”と、障害者就労継続支援施設“地域支え愛 村とも”(大町)が連携し、障害者が自然栽培農業をサポートする農福連携の取り組みの第2弾が行われました。

 同日は、柳田町にある自然栽培畑で、世界一辛いトウガラシである“ハバネロ”の収穫を、村ともの利用者2人とスタッフ4人が行いました。青空の下、ハバネロの色づきや実の状態を見極め、はさみで一つ一つ丁寧に摘み取り、利用者の2人は「激辛のはずだけど、見た目はパプリカのようでおいしそう」と、秋の実りの喜びいっぱいで、収穫に取り組みました。

 はくい式自然栽培合同会社では今年の5月からハバネロを含むトウガラシ類3品種1300株の栽培をスタートしました。合同会社の古迫稔和さんは「それぞれの品種が色付いてきており、一人で作業していては収穫時期を逃してしまうところだったので、とても助かります」とのこと。収穫したトウガラシ類は乾燥させ粉状にし、今後は製品化していく予定です。

 地域支え愛 村ともでは、施設所有の畑で利用者が自然栽培に取り組んでおり、現在は大豆やサツマイモ、今後は裏作として玉ねぎやニンニク、来年には水稲栽培も始めるそうです。



くらしの分類

くらし 保健・福祉 [障害]

市政情報 まちづくり [農業]、広報広聴 [はくいピックアップ]

  • 最終更新日時 2017年10月24日(火曜日) 17時11分
  • コンテンツID 2-23-1-7790
  • 印刷用ページ
情報発信元
秘書室  庁舎3F
電話番号 0767-22-0771
ファックス 0767-22-8109
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)