羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設
  • 最終更新日時 2017年10月25日(水曜日) 16時09分
  • コンテンツID 2-23-1-7815
  • 印刷用ページ

大関に羽咋市島出町の北村達也さん【唐戸山神事相撲】(平成29年度)

情報発信元秘書室  庁舎3F

〜神事相撲沸く、地元から12年ぶり最高位の座〜

 9月25日、2千年の歴史があると伝わる県無形民俗文化財の唐戸山神事相撲が、唐戸山相撲場で行われました。

 唐戸山神事相撲では、「東」「西」ではなく、羽咋市の邑知潟を中心に、加賀・越中方面を「上山」(かみやま)、能登方面を「下山」(しもやま)と呼び、双方の出身力士が“水なし、塩なし、まったなし”の伝統作法により、大関が決まるまで力闘を繰り広げます。

 今年は、加越能3州の約100人が土俵上で熱戦を展開。神事相撲では、かがり火がたかれ、大関を決する“奥弓”の結びの一番では、羽咋市島出町の北村達也さんと七尾市中島町の向正樹さんが習わしどおり両者同体で引き分けとなり、2人とも新大関の座を獲得しました。
 なお、地元羽咋市からの大関獲得者は12年ぶりとなりました。

 戦勝報告のため、2人は仲間に担がれ、祭神である岩衝別命(いわつくわけのみこと)が待つ羽咋神社へ向かいました。

 その他の各部門別優勝者は次のとおり。

1 協賛相撲
 (1)小決勝:岩本修和(津幡南中)、中決勝:篠田裕之(金沢市犀生中・羽咋市大川町)、十人弓:篠田宏介(金沢学院高・羽咋市大川町)、トーナメント決勝:干場伸介(金市工)

2 神事相撲
(1)前弓関:平輝夫(羽咋市上白瀬町)、中弓関:石坂肇(七尾市)
 



くらしの分類

市政情報 広報広聴 [はくいピックアップ]、その他 [その他]

  • 最終更新日時 2017年10月25日(水曜日) 16時09分
  • コンテンツID 2-23-1-7815
  • 印刷用ページ
情報発信元
秘書室  庁舎3F
電話番号 0767-22-0771
ファックス 0767-22-8109
メールアドレス post@city.hakui.lg.jp(返信が必要な場合は、メール本文にお名前・ご住所をご記入下さい)