羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

お知らせ

キーワード検索

「「陟托スセ鬩戊侭ホ醍ケァ?スオ郢ァ?ス、郢晢スォ邵コ迹夊ェ?闕ウ荵昶??郢ァ蜿・蠎?髢ュ?スス隲、?スァ邵コ蠕娯旺郢ァ蜿・??スエ陷キ蛹サ竊鍋クコ?スィ郢ァ荵昶?狗クコ蟠趣ス。謔溯劒邵コ?スォ邵コ?ス、邵コ?邵コ?スヲ」の関連情報」には91件のお知らせがあります。

前のページ
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10
次のページ

野外焼却(野焼き)は禁止されています

最近、廃棄物の野外焼却について、市役所に苦情等が寄せられています。 ダイオキシン類排出抑制と廃棄物の適正処理の観点から、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が改正され、一部の例外を除き廃棄物を焼却することの禁止(野焼き禁止)と、廃棄物焼却炉の構造基準が強化されました。このため、ほとんどの小型焼却炉が、平成14年12月1日から使用禁止になっています。

  • 羽咋市役所 環境安全課
  • お知らせ
  • 2015年7月27日 15時48分

狩猟免許取得助成の実施について

 平成27年4月1日より狩猟免許取得助成を実施します。 対象者:羽咋市に住所が有り、新規で狩猟免許を取得した方       石川県に狩猟者登録をした方       石川県猟友会羽咋支部に加入し、有害鳥獣捕獲従事者として有害鳥獣捕獲業務を遂行できる方  この全てに該当する方 助成金額:第1種銃猟免許 30,000円        第2種銃猟免許 30,000円        わな猟免許    10,000円 平成27年3月に狩猟免許を取得された方も対象になります。 申請に必要なもの    ・申請書    ・狩猟免状の写し    ・猟銃所持許可証の写し(第1種、第2種銃猟免許者のみ)    ・石川県猟友会羽咋支部会費の領収書の写し

  • 羽咋市役所 農林水産課
  • お知らせ
  • 2015年4月1日 00時00分

イノシシ目撃情報【平成26年12月23日大川町北新地内】

 平成26年12月23日午後6時30分頃、羽咋市大川町北新地内(汐見大橋付近)で、イノシシが目撃されました。  付近にお住まいの人や目撃場所付近に行かれる人は十分気をつけてください。  なお、イノシシの移動も想定されますので、目撃場所付近以外でもご注意ください。  イノシシを目撃された場合は、市役所農林水産課までご連絡下さい。

  • 羽咋市役所 農林水産課
  • お知らせ
  • 2015年1月5日 13時04分

羽咋市ハザードマップ

★ハザードマップとは★ ハザードマップとは、万が一の水害時の浸水を予想し、その浸水範囲等を地図にした予想図です。 対象河川は羽咋川・子浦川です。大雨などにより洪水になった場合の浸水範囲を想定しています。

  • 羽咋市役所 地域整備課
  • お知らせ
  • 2014年12月11日 14時16分

羽咋市消費生活相談窓口

契約・解約や訪問販売等の販売方法、商品・サービス等に関する消費者トラブルでお困りの方、一人で悩まず気楽にご相談ください。 相談は無料。秘密は厳守されます。 <最近の事例>

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2014年12月9日 11時04分

災害時避難場所協定(福祉避難所)〜市民の安心・安全の確保〜

 9月1日、市内の8施設と「福祉避難所設置運営に関する協定」を締結しました。福祉避難所とは、災害により避難が必要となったとき、通常の避難所では避難生活が困難な要援護者(障害者や妊産婦、高齢者など)のためのバリアフリー化された避難施設のことです。  市民が、より一層安心・安全な生活が送られるよう締結しました。 1.市老人福祉センター 2.市デイサービスセンター 3.特別養護老人ホーム眉丈園  4.介護老人保健施設白鳥苑 5.特別養護老人ホームはくいの郷 6.小規模多機能唐戸山ホーム  7.ケアホームわたぼうし 8.たきのーほーむ福の神 の8施設です。

  • 羽咋市役所 健康福祉課
  • お知らせ
  • 2014年10月10日 13時23分

羽咋消防隊員がブリーチング訓練を実施(平成25年度)

 2月18日、解体中の羽咋中学校旧校舎棟を利用して羽咋消防署の隊員がブリーチング訓練を行いました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2014年10月10日 13時05分

UFOのまち羽咋号にぎわう(平成24年)

 “UFOの日”の6月24日(日)、JR七尾線のラッピング列車「UFOのまち羽咋号」に、宇宙人キャラクターとして人気を集める“サンダー君”が同乗し、乗客を楽しませました。  1947年6月24日に、アメリカの実業家がUFOを目撃したことが報じられたことを記念して「UFOの日」となったとのこと。  この日は、事前申込みをした羽咋郡市の親子連れら29人が、サンダー君とともにラッピング列車に乗り込み、午前10時33分、羽咋駅に到着しました。  羽咋駅のプラットホームでは、親子連れらが、サンダー君との記念撮影を楽しんでいました。  母親らは「子どもより、親の方が興奮しています」と笑顔で答えてくれました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2014年10月10日 11時13分

命を守るための「特別警報」が創設されます。

 気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。  これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。  

  • 羽咋市役所 環境安全課
  • お知らせ
  • 2014年10月10日 11時07分

約100人が火災防ぎょ訓練(平成24年度)

 秋の全国火災予防運動期間(11/9〜11/15)中の11月11日、羽咋市火災防ぎょ訓練が大町と四柳町地内で行われました。  落雷により御門主比古神社(みかどぬしひこじんじゃ)から出火し、強風にあおられ付近にある“ぐるーぷほーむ・たきのーほーむ福の神”にまで延焼拡大したとの想定で行われました。  訓練には、羽咋消防署や消防団、大町自衛消防隊、地元関係者など約100人が参加し消火活動に励みました。  山辺市長は「日頃から市民の生命と財産を守るため尽力いただき感謝します。今回の火災防ぎょ訓練では、各分野において、正確、迅速、安全に作業に当たっていただきました。これから暖房器具を使用する時期になり、火災が発生しやすくなってきます。市内において火災が発生しないよう啓発にも努めていただきたい」と講評と激励の言葉を述べました。  訓練後は、消防ポンプ車が市内をパレードし、地域住民に防火意識の向上を呼び掛けました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2014年10月10日 10時58分
前のページ
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10
次のページ