羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

お知らせ

キーワード検索

「「?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス??ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス??ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス???ソス?ソス?ソス?5?ソス?ソス?ソス?1?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス?ソス」の関連情報」には82件のお知らせがあります。

前のページ
1   2   3   4   5   6   7   8   9
次のページ

羽咋まつり 華やかに開催

8月3日(土)にパセオ通りにて羽咋まつりが開催されました。 天候もよく、たくさんの方が祭りに参加くださいました。 はまぐり音頭の踊り流しでは、各団体が浴衣姿やお揃いのTシャツなどで参加され、踊りに華やかさが加わり祭りが一層盛り上がっていました。 また、羽咋高校卒業生のよしもと芸人ヒューマン中村によるお笑いライブで 会場は大いに盛り上がりました。 郷土芸能の盤持ちでは、14人の小学生が盤持ちに挑戦し、20kgもある米俵を肩に担ぎ上げました。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2013年8月9日 10時58分

いしかわ新幹線部部員募集

 平成27年春の北陸新幹線金沢開業に向け、地域の魅力づくりや情報発信に取り組んでいる企業・団体での活動の中心メンバーや個人で活動している方を募集します。  募集期間は、6月17日〜7月31日(必着)です。    詳細は、「カウントダウン北陸新幹線」ホームページまたは、募集チラシをご覧ください。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2013年7月18日 20時38分

羽咋神社秋季祭礼、伝統の川渡し(平成24年)

 9月15日、垂仁天皇の皇子(みこ)、磐衝別命(いわつくわけのみこと)を祭る羽咋神社の秋季祭礼が行われ、午後9時過ぎには、伝統の「川渡し神事」が長者川で営まれました。  神輿は紺屋橋のたもとで、2艘の御座舟(和船)に乗せられ、女神三足比羊命(みたらしひめのみこと)を祭る八幡神社に向かいました。  松明(たいまつ)とちょうちんの明かりで幻想的な雰囲気に包まれるなか、若衆らは、首近くまで水につかりながら、威勢のいい掛け声とともに、2度3度と長者川を行き来しながら、無事に神輿を八幡神社へ担ぎ届けました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2012年10月4日 13時06分

羽咋まつり、熱気に包まれる(平成24年)

 平成24年8月4日から5日にかけて、パセオ通りを主会場に“羽咋まつり”が開催され、4日の夕方から行われたメーンの「はまぐり音頭」の踊りパレードでは、子ども会や婦人会など約1,200人が、そろいの法被や浴衣姿で参加しました。  特設ステージでは、鼓笛演奏やダンス、太鼓などが披露され、会場は熱気に包まれていました。  ウルトラマンジャックショーが始まると、ステージ前を陣取った子どもたちは「がんばれウルトラマンジャック!」と声高らかに声援を送っていました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2012年9月19日 09時04分

気多大社で、キャンドルナイト(平成24年)

 平成24年8月13日と14日に、気多大社で「心むすび大祭」が行われ、全国各地から多くの観光客が訪れました。  無料お祓いや無料占いのほか、巫女(みこ)の衣装を身に付けた禊(みそぎ)体験も行われ、多くの女性が厳かな雰囲気のなか身を清めていました。  13日が雨天だったため、14日に順延になった「キャンドルナイト」(Candle JUNE協力)では、拝殿周辺に多数ろうそくがともされ、幻想的な雰囲気を醸し出していました。  訪れた人たちは、思い出に残そうと、デジタルカメラや携帯電話を使って、いろいろな角度から撮影していました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2012年9月19日 09時03分

千里浜ビーチバレージャパンチャレンジ2012

 平成24年7月28日、千里浜海岸特設コートで、千里浜ビーチバレージャパンチャレンジ2012が開幕し、真夏の日差しが照りつけるなか、砂上で熱い戦いを繰り広げました。  

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2012年9月19日 09時01分

桃の節句に「巨大ひな壇」(平成24年)

 平成24年3月3日から4日まで、神子原地区菅池町の広大な棚田を利用して、「巨大ひな壇」が飾られました。  高さ約10メートル、青とピンクに彩られたお内裏様とおひな様を、ひと目見ようと、市内外から2000人を超える見物客が訪れました。  この企画は、法政大学国際文化学部の堀上英紀教授とそのゼミ生らが、夏休みの援農合宿でお世話になったお礼にと、平成19年から毎年続けている取り組みです。  今回は、東日本大震災からの復興を願い、地元羽咋工業高校建設造形科の生徒がデザインし、起き上がり小法師(こぼし)の形に仕上げました。  3日夜には、菅池町会館で、オーストラリア先住民アボリジニの楽器「ディジュリドゥ」を用いたKNOB(ノブ)さんによる奉納演奏が行われ、訪れた町民や大学生らは、幻想的な音色に聞き入りました。  さらにライトアップされた「ひな壇」をバックに、打ち上げ花火も行われました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2012年9月19日 08時42分

8月4日、5日 「砂像作り体験」が行われました

 8月4日(土)・5日(日)に千里浜なぎさドライブウェイで、砂像作り体験がありました。  8月4日(土)は、地元の小学生と共に、今年は福島県の小学生も千里浜なぎさドライブウェイを訪れ、砂像作りに挑戦しました。  この日は、地元のTV局も訪れ砂像作り体験を撮影しました。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2012年8月13日 10時40分

出張砂像inコマツ

8月5日(日)に、建設機械で有名な小松市のコマツ粟津工場で、工場開放デーが開催されました。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2012年8月13日 09時56分

うまみん体験プラグラム「蔵つき酵母で味噌づくり」

 2月11日、高澤醸造(株)(下曽祢町)でうまみん体験プラグラム「蔵つき酵母で味噌づくり」が行われました。  県内外から8名の参加者が高澤醸造(株) 高澤 理八 氏と味噌や現在万能調味料として大人気の塩糀談義を楽しみながら、味噌仕込み体験を行いました。  参加者は味噌や塩糀の仕込み方法を聞き、「自宅でも是非作ってみたい」と熱心にメモをとっていました。  また、昼食には塩糀の鱈鍋やかぶら寿しなどの料理を食べ、参加者からは「美味しい!!」という声が止まりませんでした。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2012年2月14日 09時55分
前のページ
1   2   3   4   5   6   7   8   9
次のページ