羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

お知らせ

キーワード検索

「くらし 事業・事業支援 [商工業]」には23件のお知らせがあります。

1   2   3
次のページ

防災訓練参加者にお買物ポイントを交付します

町会単位で実施される防災訓練の参加者(世帯単位)に対して、市内の店舗で使用されているお買い物カードで利用できるポイントを交付します。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2017年10月18日 11時08分

道の駅のと千里浜 登録証伝達式

 10月17日、国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所で、「道の駅のと千里浜」登録証伝達式が行われ、富山英範金沢河川国道事務所長が山辺芳宣市長へ登録証を手渡しました。  富山所長が「道の駅は大事な情報を知らしめる場であり、まちづくりの重要施設として運用ほしい」と激励したのに対し、山辺市長は「自然栽培による付加価値の高い農産物の生産とその加工品の製造、販売・流通といった6次産業化を推進したい。道の駅は地方創生の一丁目一番地であり、最重要施策の1つと考えている。市の総合力を注いでいきたい」と決意を語るとともに、感謝の意を伝えました。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2016年10月19日 12時06分

事業承継を支援します!

 羽咋市は、地域経済の活性化及び雇用機会の拡大を図るため、市内で事業承継する方に対し、事業承継に係る経費や事業承継を機に取り組む事業にかかる事業経費の一部を補助します。   対象者  ・事業承継をしようとする者又は事業承継後3年以内の者  ・市税等の滞納がない者 対象経費  ・店舗、工場等の建設費、取得費及び改装費  ・店舗、駐車場等の賃借料(最高6か月分)  ・広告宣伝費(ホームページ作成費含む)  ・必要な設備費等  ・その他市長が必要と認める経費 補助金  対象経費の2分の1以内  【補助基本額】上限30万円  【中心商店街】上限30万円加算  【若者(45歳未満)】上限30万円加算  【市外からの転入】上限30万円加算   ※中心商店街(駅前通り商店街事業協同組合、パセオ通り商店会、本町通り商店会、中央通り商店街協同組合、駅東商店会、千里浜商店会)

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2016年5月30日 08時40分

羽咋で、起業してみませんか!

 羽咋市は、地域経済の活性化及び雇用機会の拡大を図るため、市内で新たに創業する起業家に対し、事業経費の一部を補助します。   対象者  ・市内で新たに創業する起業家  ・市税等の滞納がない者 対象経費  ・店舗、工場等の建設費、取得費及び改装費  ・店舗、駐車場等の賃借料(最高6か月分)  ・広告宣伝費(ホームページ作成費含む)  ・起業に必要な設備費等  ・その他市長が必要と認める経費 補助金  対象経費の2分の1以内  【補助基本額】上限30万円  【中心商店街】上限30万円加算  【女性・若者(45歳未満の起業家)】上限30万円加算  【市外からの転入】上限30万円加算   ※中心商店街(駅前通り商店街事業協同組合、パセオ通り商店会、本町通り商店会、中央通り商店街協同組合、駅東商店会、千里浜商店会)

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2016年4月7日 15時12分

事業創業者 初の交流会を開催(平成27年度)

 2月29日に、“はくい創業支援ネットワーク交流会”が初開催され、飲食業や美容業、エステ店などを営む市内の創業者と創業予定者の11事業所計12人が、自己紹介や意見交換を行い、悩みや課題の共有を図りました。

  • 羽咋市役所 秘書室
  • お知らせ
  • 2016年3月31日 10時11分

創業相談窓口を設置

■計画について  羽咋市では、市内での起業を目指す方々を支援することを目的に、羽咋市創業支援事業計画を策定し、平成27年5月に国の認定を受けました。  この計画では、起業に必要な知識・ノウハウ、資金調達、販路開拓など、市と市内の創業支援機関が連携し、起業者のニーズに応じた起業支援を行います。 ■創業支援機関  北國銀行、北陸銀行、のと共栄信用金庫、興能信用金庫  日本政策金融公庫  羽咋市商工会 ■創業相談窓口について  商工観光課内に「創業相談窓口」を設置しました。  起業をお考えの方や起業して間もない方を対象に、相談を受け付け、創業支援機関等と連携し、課題の解決に向け支援してまいります。  気軽にご相談ください。 ・ワンストップ相談窓口 羽咋市商工会(TEL22-1393)に開設しました。

  • 羽咋市役所 商工観光課
  • お知らせ
  • 2016年3月29日 11時46分

結婚・縁結び応援プロジェクト第2弾! 3月12日開催

羽咋市は「羽咋創生」として、縁結びパーティーを開催します。 女性は巫女の衣装に身を包み、「入らずの森」と呼ばれる気多大社の聖域で禊(みそぎ)を行っていただきます。 「利家とまつ結婚式」に参列した後は「料亭四季の料理まつお」(羽咋市内)で開催される「縁結びパーティー」にご参加いただきます。 羽咋市産食材をふんだんに使用した料理と地酒を味わいながら、運命の相手を見つけましょう。

  • 羽咋市役所 企画財政課
  • お知らせ
  • 2016年1月23日 09時10分

結婚・縁結び応援プロジェクト第1弾! 3月12日開催

羽咋市は「羽咋創生」として、市内で定住を考える独身男女の「結婚」と「縁結び」を応援します。 羽咋市内に定住を予定している未婚男女(限定3組)に、縁結びで知られる気多大社(羽咋市寺家町)の「利家とまつ結婚式」をプレゼントします! これを機会に結婚したい、プロポーズしたい! 入籍したが挙式はできなかった方など、羽咋市民の結婚を応援します。 また、結婚式の後は、「料理四季の料理まつお」(羽咋市川原町)で開催される「縁結びパーティー」にご招待します。 このパーティーでは、羽咋市産の食材を使用した料理と地酒を振舞います。

  • 羽咋市役所 企画財政課
  • お知らせ
  • 2016年1月23日 09時09分

獣害を特産に転換する取り組みをはじめました

 平成27年度より羽咋市では、近年山沿いを中心としたイノシシ(害獣)の被害が著しく、山間部をはじめ、山沿いの農業存続が危ぶまれています。被害の多い地区では電気柵・おりを設置するなど、被害の拡大を防いでいますが、この状況が続けば農業を行う土壌が失われ、離農が進むとともに、能登固有の美しい里山の景観・文化の伝承がますます困難になっていくと考えられます。  この状況の中、市では獣肉処理施設を設置し、有害駆除されるイノシシを食肉や加工品として活用を図ることで、農業の活性化はもとより新たな特産や雇用創出に向け研究を行っています。  市では、イノシシの特産化に意欲があり、羽咋の地に移住してきた若者たちと一緒に事業を推進していきます。

  • 羽咋市役所 農林水産課
  • お知らせ
  • 2015年12月10日 10時24分

石破地方創生担当大臣が羽咋市を訪問されました。

12月5日(土) 石破茂地方創生担当大臣が、本市の「地方創生」の取組等を見るために訪問されました。 当日は、妙成寺(みょうじょうじ)、寺の駅「寿福(じゅふく)」、神子原農産物直売所(神子の里)を視察されました。

  • 羽咋市役所 企画財政課
  • お知らせ
  • 2015年12月8日 10時16分
1   2   3
次のページ