羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

手続き・申請・業務案内

キーワード検索

「健康福祉課」には60件のお知らせがあります。

前のページ
1   2   3   4   5   6
次のページ

保育所の保育内容について

  保育所では、近年の保育ニーズの多様化に対応するため、延長保育をはじめとした多様な保育施策を実施しています。   基本保育時間:平日 午前8時から午後4時まで             土曜 午前8時から正午まで   休  所  日:日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)            ただし、休日保育の実施保育所では、日曜・祝日も入所児童のみ保育可能です。            年末年始の休日保育は、保育所により異なります。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年9月29日 11時08分

保育所の保育料について

  入所児童の父母の前年の所得税額、前年度市民税額を基準に決定します。ただし、祖父母等が生計の中心の場合は、所得税額等を合算することがあります。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年9月28日 15時01分

マイ保育園登録事業

  出産前後から3歳到達の年度末まで、身近な保育所等に登録し、保育士や栄養士の支援を受けることができる制度です。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年8月5日 15時14分

子育てふれあい広場

  未入所児とその家族を対象に「仲間づくりの場、遊びの場、子育ての悩み解消の場」として、市内保育所(園)で開催しています。 また、育児サークルづくりの支援や育児講座も行なっています。   参加費は 無料 です。お気軽にお越しください。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年8月4日 11時36分

一時保育事業

  保護者の疾病や親族等の冠婚葬祭などで保育に困った時、育児に疲れリフレッシュが必要な時、保育所で児童を一時的にお預かりします。  (一時的な保育需要に対応するサービスのため、利用は原則週3日以内となります。)

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年5月2日 08時08分

自立支援型住宅リフォーム

介護を要する高齢者に対して、在宅生活の自立を支援するために住宅改修費の一部を助成します。 【対象者】 (1)介護保険制度で要介護・要支援と認定された者のいる世帯 (2)下肢、体幹、または乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害を有する者で、1〜3級の障害のある方のいる世帯 (3)生活保護の介助扶助を受けている者がいる世帯 (4)視覚に障害を有する者で、1〜2級の障害のある方のいる世帯 ※1 上記(1)〜(4)とも前年度住民税課税世帯は除きます。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2011年2月10日 17時14分

介護保険利用者負担額(在宅サービス分)の減免制度について

 介護保険利用者負担額(在宅サービス分)には、特別な事情により利用者負担額を納めることが困難な方に対して、次のような減免制度があります。  基準に該当し、減免を希望される方は、介護高齢者係に相談してください。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2010年6月18日 10時01分

介護保険料減免制度について

 介護保険料には、特別な事情により保険料を納めることが困難な方に対して、次のような減免制度があります。  基準に該当し、減免を希望される方は、介護高齢者係に相談してください。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2010年6月18日 08時55分

児童扶養手当の一部支給停止について

 平成15年4月1日付けで施行された児童扶養手当法の改正により、下記の条件に該当する方で、やむを得ない理由がないのに就労の意思がない方は、児童扶養手当受給額が半減される場合があります。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2010年4月20日 08時31分

介護認定を受けている方の障害者控除について

 身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳を持たない方でも、介護認定を受けている65歳以上の方で、身体の障害または認知症の状態が障害者に準ずる程度の方や常に寝たきりの状態にある方には、申請により「障害者控除対象者認定書」を交付します。認定されると所得税や市県民税の申告において、所得控除を受けることができます。なお、すでに身体障害者手帳などで税控除を受けている方は、該当になりません。  また、平成20年分の申告分から、下記のとおり判定基準が変わります。既に「障害者控除認定」を受け、現在も認知症の度合いがVランクの方は「特別障害者控除認定」を申請できます。

  • 健康福祉課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2008年12月11日 11時41分
前のページ
1   2   3   4   5   6
次のページ