羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

手続き・申請・業務案内

キーワード検索

「税金」には37件のお知らせがあります。

前のページ
1   2   3   4
次のページ

年の途中で退職したときの市県民税について

◆年の途中で退職・休職したときの市県民税

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 14時09分

年の途中で死亡した人の市県民税について

住民税は毎年1月1日現在で住所のある方に対して、その住所地の市(区)町村が課税することになっています。 1月2日以後に死亡した場合は、その納税義務は相続人に承継されますので、死亡された方の税金はその相続人に納めていただくことになります。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 14時08分

外国人研修生・技能実習生を受け入れている事業所の方へ

 日本は、二重課税を避けるため下記の各国と租税条約を締結しており、住民税についても特例が認められる場合があります。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 14時07分

給与からの特別徴収について(市・県民税)

給与からの特別徴収とは、個人住民税を給与からの天引きで納めていただく方法のことです。 これに対し、個人で納めていただく方法を普通徴収と呼びます。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 14時07分

退職所得に係る住民税の特別徴収について

退職手当等の支払をする際、支払者はその退職手当等にかかる住民税を納税義務者の退職手当等から徴収 して、市町村に納入しなければならないこととなっています。 住民税を個人で納めること(普通徴収)としている事業所においても同様となります。 ※平成25年1月1日以降に支払われる退職手当等については、税制改正により計算の方法に変更があります。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 14時06分

家屋を新築・増築される方、取壊しをされる方へ(お願い)

 家屋の固定資産税は、毎年1月1日現在で建っているものに課税されます。  税務課では新・増築家屋や取壊し家屋の把握に努めていますが、適切な課税を行うためにも、次のようなときは市役所税務課に連絡をお願いします。  

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 11時05分

固定資産税の償却資産とは

償却資産を所有している方は、毎年1月1日現在の償却資産の状況を、1月31日までに申告していただきます。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 09時08分

償却資産(固定資産税)の申告について

平成20年度の税制改正により、償却資産(固定資産税)の「機械及び装置」を中心に耐用年数が変わりました。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 09時05分

住宅用地に対する課税標準の特例について

 専用住宅や併用住宅など、住居部分のある建物の敷地になっている場合、税の負担を軽減する必要から、特例措置が適用されます。  ただし、更地や店舗、工場、倉庫などの住居部分が無い建物、または居住部分の割合が4分の1未満の併用住宅の敷地は、住宅用地にはなりません。

  • 税務課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年4月5日 08時54分

市税などの納付

現金で納める場合と口座振替で納める場合があります。

  • 会計課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年7月2日 17時14分
前のページ
1   2   3   4
次のページ