羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

手続き・申請・業務案内

キーワード検索

「くらし 保健・福祉 [国保・年金]」には20件のお知らせがあります。

1   2
次のページ

住民異動の届出について

 住民基本台帳(住民票)は、居住関係を証明するだけでなく、あらゆる行政サービスの基礎となるものです。  転入・転出・転居などで住所が変更になった場合や世帯に変更があった場合は、決められた期間内に届出をお願いします。 ※手続きに来ていただいた方の本人確認のため身分証明書(個人番号カード・運転免許証・健康保険証など)を持参してください。 ※届出義務者以外(代理人)の方が手続きされる際、委任状や登記事項証明書など代理人であることが確認できる書類を提示・提出していただく場合があります。また、代理人の印鑑が必要です。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年12月14日 12時06分

後期高齢者医療 保険料の軽減と納め方

所得の低い世帯、制度加入の前日まで被用者保険の被扶養者だった方は、保険料が軽減されます。 また、保険料は原則、年金から天引き(特別徴収)されます。それ以外の方は、納付書による納付または口座振替による納付(普通徴収)となります。 今まで国民健康保険税を口座振替で納めていただいていた方も、改めて口座振替の手続きが必要となります。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年11月28日 09時52分

後期高齢者医療における申請

各種の申請・届出につきましては、主に次のようなものがあります。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年11月28日 09時52分

国民健康保険一部負担金減免及び徴収猶予について

 災害や失業など特別な理由があり医療機関の窓口に支払う一部負担金の支払が困難であると認められる場合に、その一部負担金を減額や免除または徴収猶予を行う制度があります。  申請は随時受け付けています。  詳しくは、国保年金医療係までお問い合わせください。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年10月16日 15時27分

国民健康保険−その他各届出

 国民健康保険に加入されている方には以下の制度が利用できます。  ・葬祭費の支給(国保加入者が死亡したとき)  ・療養費の支給(医療費をいったん全額自己負担したとき)  ・移送費の支給(移送費を支払ったとき)  ・出産育児一時金の支給(国保加入者が出産したとき)  制度利用には、届出・申請等が必要となりますので必ず手続きください。  

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年9月5日 16時36分

国民健康保険高額療養費制度について

 同じ月に同じ人が同じ医療機関で受けた療養(入院・外来・歯科別)の自己負担額(一部負担金)が、下記の区分の額を超えた場合、申請されると超えた分の高額療養費が世帯主の口座に支給されます。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年8月3日 15時44分

交通事故にあったら(第三者行為)

 羽咋市の国民健康保険に加入している方が交通事故など、第三者(自分以外の人)の行為により負傷等をして、治療を受けることになった場合、傷害の医療費は加害者負担が原則ですが、届出をすることにより、国保を使って治療を受けることができます。  その場合、治療費を国保が一時立て替えし、後日、加害者(加害者が加入している損害保険会社等)に請求することになります。  交通事故などで国民健康保険を使用する場合は、必ず届出をしてください。※届出は国民健康保険法施行規則等により法律上の義務となっています。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年7月11日 11時29分

後期高齢者医療制度

平成20年4月から始まった後期高齢者医療制度は、これまでの老人保健制度に基づき医療給付を受けてきた75歳以上(一定の障害のある人は65歳以上)の人が受ける医療制度です。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年3月31日 15時05分

入院等で高額な医療費を負担する時には「限度額適用認定証」の申請を

限度額適用認定証は、羽咋市国民健康保険(国保)に加入されている方が、治療を受ける場合の医療費の自己負担限度額を病院等の医療機関に示すものです。 医療機関の窓口に保険証と併せて提示することにより、1か月間(1日から末日まで)の窓口負担額が個人単位で、医療機関ごとに自己負担限度額までとなります。 認定証は、毎年7月末が有効期限となっていますので、継続して必要な方は8月1日以降に限度額適用認定証の交付を申請してください。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年3月31日 15時02分

人間ドック・脳ドック助成制度のおしらせ

羽咋市国民健康保険事業及び後期高齢者医療制度では、保健事業の一環として、人間ドック・脳ドック検診の費用助成を実施しています。 生活習慣病をはじめとする病気の早期発見や早期治療、健康維持に役立てるためにぜひ、人間ドック・脳ドック検診を受けられてはいかがでしょうか。

  • 市民窓口課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年3月31日 15時02分
1   2
次のページ