羽咋市

  • 文字の大きさ・色の反転
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色反転
  • Translation
  • english
ホーム くらし お知らせ イベント 手続き・申請・業務内容 各科・施設

手続き・申請・業務案内

キーワード検索

「「繧「繧ケ繝吶せ繝亥ッセ遲?」の関連情報」には21件のお知らせがあります。

1   2   3
次のページ

原子力防災のしおり

このページに添付してある冊子は、原子力災害の特殊性や災害発生時に住民がとるべき行動と、その際の留意点などについて、分かりやすくまとめてあります。 羽咋市は、UPZ(原子力発電所から30km圏内)に位置し、万が一には金沢市への避難も計画されています。37ページ、38ページには各町会ごとにの避難所が記載されているので、確認してください。

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年12月4日 19時06分

住宅用リチウムイオン蓄電池システム設置に補助【残り1件受付中】

平成29年度の予算について

 平成29年度は、住宅用リチウムイオン蓄電池のみが補助対象となります。  予算がなくなり次第、受付終了となります。  また補助金額は、市内在住者・転入者の区分にかかわらず、一律5万円(商品券)となります。  ※平成29年度は、住宅用太陽光発電システムの補助制度は休止となりますのでご注意ください。

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2017年12月1日 15時00分

公害苦情・公害紛争について

 

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年2月26日 14時42分

羽咋市環境保全型農業直接支援対策事業

JA羽咋が主催する自然栽培部会に参画し、自然栽培農業を実施する農業者で、自然栽培営農を5年間継続する見込みのある方に対し、耕作面積に合わせて(20円/平方メートル)助成を行う事業です。 期間は最長5年間となっています。

  • 農林水産課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2016年1月20日 13時52分

羽咋市新規就農者総合支援事業について

自然栽培農業を始めた農業者で、自然栽培営農を5年間継続する見込みのある者に対し、国の新規就農総合支援事業(45歳未満)で支給される金額の1割を5年間助成する事業です。 [初年度:15万円(単身)、22万5千円(夫婦) 2年目以降は所得に応じて変動します]

  • 農林水産課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年12月8日 11時43分

新規就農者家賃助成事業について

市内の空き家に住む新規就農者(慣行栽培・自然栽培問わず)で3年間以上居住する見込みのある方に対し、家賃の半分を助成する事業です。 ※上限は20千円/月となります。

  • 農林水産課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年12月8日 10時40分

家庭用生ごみ処理機、生ごみコンポスト容器、生ごみ水切りバケツの購入助成

 家庭から排出される生ごみは、燃えるごみの約50%を占め、その生ごみの内約80%は水分であると言われています。ごみ処理をする過程で水分をなくすためには、多大な燃料が必要となり、これに伴うコストはもとより、多量の二酸化炭素も排出されることになります。  そこで、皆さんに生ごみの減量・リサイクルを実践していただくため、家庭用生ごみ処理機などの購入助成を行います。

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年8月6日 19時01分

市内の海抜マップと避難場所

これは、金沢工業大学情報学部メディア情報学科松島さん(千里浜町)が、卒業研究の課題のために作成したものの提供を受けて、羽咋市が活用させていただいているものです。

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年4月24日 14時05分

羽咋市津波避難計画

 本計画は、市民及び滞在者が津波から円滑に避難できるように、避難指示・勧告のための情報収集及び伝達方法等を定め、普段からの備えの強化を促すことを目的として策定しました。

  • 環境安全課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2015年4月24日 14時01分

アスベスト対策

 石綿は天然の鉱物繊維であり、熱に強く、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。そのため、昭和30年頃から様々な用途に使用されてきました。 しかし、人間が吸い込んで肺に入ると、15年から40年の潜伏期間を経て、石綿肺、肺がん、悪性中皮腫(悪性の腫瘍)などの病気を引き起こすおそれがあります。

  • 地域整備課
  • 手続き・申請・業務案内
  • 2014年12月10日 17時12分
1   2   3
次のページ